2006年11月16日

ボジョレーヌーボー2006

2006年のボジョレ・ヌーボーは
水で薄めたフルーツジュースのような美味しさだった。
boj01.JPG


1999年から毎年飲んでいて、なんとなくコルクがたまっている。
koruku.JPG


posted by   at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月14日

手紙/東野圭吾

映画化されるだけあって、大変感動しました。
前に読んだ東野圭吾の「パラレルワールド・ラブストーリー」という作品は、
あまり面白くなく、ぜんぜん期待しないで読んだからかもしれません。


手紙/東野圭吾
posted by   at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 文庫本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月31日

アフターダーク/村上春樹

読んだ
意味が理解できなかったが、さすが村上春樹、
最後まで楽しめた。


アフターダーク/村上春樹
posted by   at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 文庫本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月22日

久々作った

久しぶりにカルボナーラを作った。

いつもはホイップクリームを使っているが、
今日は生クリームを使った。

オイルも、いつもは普通のオリーブオイルを使っていたけど、
たまたまエクストラバージンオリーブオイルがあったから、
それを使ってみた。

相変わらず、美味しかったが、材料がいつもと違うので、
味もいつもと違ったけど、どっちも美味しかった。

DVC00001.JPG
カルボナーラ
posted by   at 16:26| Comment(1) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月18日

異邦人/アルベール・カミュ


異邦人/アルベール・カミュ


■|作品紹介(ネタバレ)
母の死の翌日海水浴に行き、女と関係を結び、映画を見て笑いころげ、友人の女出入りに関係して人を殺害し、動機について「太陽のせい」と答える。裁判は死刑であったが、自分は幸福であると確信し、処刑の日に大勢の見物人が憎悪の叫びをあげて迎えてくれることだけを望む。通常の倫理的な一貫性が失われている男ムルソーを主人公に、不条理の認識を極度に追及したカミュの代表作。

■|感想
薄っぺらい本だったので、すぐ読み終わるだろうと思っていたが、読破するのに予想以上に時間がかかった。作品紹介を読み終えた後に見てみると、作品の紹介ではなく、作品のあらすじ全てを表現しているではないか。作品紹介を読まなくてよかった。
posted by   at 15:58| Comment(0) | TrackBack(1) | 文庫本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月23日

水曜の朝、午前三時/蓮見圭一


水曜の朝、午前三時/蓮見圭一


■| 書籍紹介
45歳の若さで逝った翻訳家で詩人の四条直美が、娘のために遺した4巻のテープ。そこに語られていたのは、大阪万博のホステスとして働いていた23歳の直美と、外交官として将来を嘱望される理想の恋人・臼井礼との燃えるような恋物語だった。「もし、あのとき、あの人との人生を選んでいたら…」。失われたものはあまりにも大きい。愛のせつなさと歓びが心にしみるラブストーリー。

■| 感想
臼井礼の妹のストーリーがもっと欲しかったところか。わりかし面白かったよ。オススメとまではいかないかも。
posted by   at 15:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 文庫本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月12日

PHPインストール(メモ)

PHPインストール

■root にログイン
su -

■libpng インストール
参考URL
http://www.libpng.org/pub/png/libpng.html

cd /usr/software
wget ftp://ftp.simplesystems.org/pub/libpng/png/src/libpng-1.2.12-no-config.tar.gz
tar zxvf libpng-1.2.12-no-config.tar.gz
cd libpng-1.2.12
cp scripts/makefile.linux Makefile
vi Makefile

#ZLIBLIB=../zlib
#ZLIBINC=../zlib
ZLIBLIB=/usr/local/lib
ZLIBINC=/usr/local/include


make
make install

■jpeg インストール
mkdir /usr/local/man/man1
cd /usr/software
wget ftp://ftp.uu.net/graphics/jpeg/jpegsrc.v6b.tar.gz
tar zxvf jpegsrc.v6b.tar.gz
cd jpeg-6b
./configure --enable-shared
make
make install

■gd インストール
cd /usr/software
wget http://www.boutell.com/gd/http/gd-2.0.33.tar.gz
tar zxvf gd-2.0.33.tar.gz
cd gd-2.0.33
./configure
vi Makefile

#CFLAGS = -g -O2
CFLAGS=-O2 -DHAVE_LIBPNG -DHAVE_LIBJPEG -DHAVE_XPM -DHAVE_LIBTTF


make
make install

■php インストール
cd /usr/software
#wget http://jp2.php.net/get/php-4.3.10.tar.gz/from/a/
wget http://jp2.php.net/get/php-4.3.10.tar.gz/from/this/mirror
tar xzvf php-4.3.10.tar.gz
cd php-4.3.10
./configure --with-apxs=/usr/local/apache/bin/apxs --with-pgsql=/usr/local/pgsql --with-config-file-path=/usr/local/apache/conf/php --enable-mbstring --enable-mbstr-enc-trans --enable-mbregex
make
make install

■php.ini を作成する
mkdir /usr/local/apache/conf/php
cp php.ini-dist /usr/local/apache/conf/php/php.ini

■PHP ハンドラを追加する
vi /usr/local/apache/conf/httpd.conf

# AddType PHP
AddType "application/x-httpd-php; charset=EUC-JP" php
AddType "application/x-httpd-php-source; charset=EUC-JP" phps



■Apache 設定ファイルの構文チェック
/usr/local/apache/bin/apachectl configtest
「Syntax OK」と出たら成功

■Apache を再起動する
/usr/local/apache/bin/apachectl restart

■サーバを再起動する
reboot

■root にログイン
su -

■php 動作確認
vi /usr/local/apache/htdocs/test_php.php

<CTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01//EN"
"http://www.w3.org/TR/html4/strict.dtd">
<html lang="ja">
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=euc-jp">
<meta http-equiv="Content-Style-Type" content="text/css">
<title>PHP test</title>
</head>
<body>
<h1><? echo("Welcome PHP World!!");?></h1>
<p><? echo("PHP Version : ".phpversion()); ?></p>
</body>
</html>



w3m http://localhost/test_php.php

■postgresql 動作確認
vi /usr/local/apache/htdocs/test_pgsql.php

<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01//EN"
"http://www.w3.org/TR/html4/strict.dtd">
<html lang="ja">
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=euc-jp">
<meta http-equiv="Content-Style-Type" content="text/css">
<title>PHP with PostgreSQL test</title>
</head>
<body>
<h1><? echo("Welcome PHP + PostgreSQL World!!"); ?></h1>
<?
$rsc_con = pg_connect("host=localhost port=5432 dbname=template1".
" user=****** password=******");

if(!$rsc_con){
echo("I can not connect to DataBase.");
}
else{
$rsc_rst = pg_query($rsc_con, "SELECT VERSION();");
$ary_version = pg_fetch_array($rsc_rst);
if(!$rsc_rst){
echo("I can not execute SQL.");
}
else{
echo("<p>".$ary_version[0]."</p>\n");
}
}
?>
</body>
</html>



w3m http://localhost/test_pgsql.php


■まったく関係ない参考資料
PHP Debian GNU-Linux へのインストール - Manual

posted by   at 12:01| Comment(0) | TrackBack(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月11日

Apacheインストール(メモ)

Apacheをインストールしたときのメモ

■root にログイン
su -

■soft 格納ディレクトリにapache_1.3.33.tar.gzをdownloadする。
cd /usr/software
wget http://www.apache.org/dist/httpd/apache_1.3.36.tar.gz
tar zxvf apache_1.3.36.tar.gz
cd apache_1.3.36
./configure --enable-module=most --enable-shared=max --disable-module=auth_dbm
make
make install

■Linux サーバー起動時に apache が自動起動するようにする。
vi /etc/init.d/local

echo -n "Starting apache: "
/usr/local/apache/bin/apachectl start
echo "done."



設定してなかったら設定する
#update-rc.d local defaults 98
#update-rc.d local remove # 削除コマンド

■Apache を起動する。
サーバーを起動させ、Apache を自動実行させる。

■Apache の実行確認をする。
ps acux | grep httpd
posted by   at 11:57| Comment(0) | TrackBack(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月10日

PostgreSQLインストール(メモ)

PostgreSQLをインストールしたときのメモです。
バージョンが古いです。。。

■root にログイン
su -

■ダウンロードしたソースを格納するディレクトリを作成
mkdir /usr/software

■readline インストール
cd /usr/software
wget ftp://ftp.riken.go.jp/pub/GNU/gnu/readline/readline-4.2a.tar.gz
tar zxvf readline-4.2a.tar.gz
cd readline-4.2a
./configure --prefix=/usr
make
make install

■zlib インストール
cd /usr/software
wget http://www.zlib.net/zlib-1.2.3.tar.gz
tar zxvf zlib-1.2.3.tar.gz
cd zlib-1.2.3
./configure
make
make install

■ncurses インストール
cd /usr/software
wget http://ftp.gnu.org/pub/gnu/ncurses/ncurses-5.3.tar.gz
tar zxvf ncurses-5.3.tar.gz
cd ncurses-5.3
./configure
make
make install

■PostgreSQL インストール
cd /usr/software
wget ftp://ftp.jp.postgresql.org/source/OLD/v7.3.3/postgresql-7.3.3.tar.gz
tar xzvf postgresql-7.3.3.tar.gz
cd postgresql-7.3.3
環境変数 CFLAGS の設定(必須作業ではないがコンパイルサイズが大きくならないらしい)
export CFLAGS=-O2
./configure --enable-multibyte=EUC_JP --with-perl --enable-syslog
make
make install

■利用するスーパーユーザを作成する
pgsql という名のグループとユーザを作成
adduser pgsql

■data ディレクトリのオーナーを pgsql に変更する
mkdir /usr/local/pgsql/data
chown pgsql.pgsql /usr/local/pgsql/data

■利用するユーザを作成する
adduser user2

■user2にログイン
su - user2

■利用するユーザの PATH と MANPATH を設定する
ホームディレクトリにある .bash_profile の最後に次の2行を追加する
vi .bash_profile

export PATH=$PATH:/usr/local/pgsql/bin
export MANPATH=$MANPATH:/usr/local/pgsql/man



■シェルに反映させる
. ~/.bash_profile

■readline が日本語を扱えるように設定する
vi .inputrc

set convert-meta off
set meta-flag on
set input-meta on
set output-meta on



■root に戻る
exit

■pgsql にログイン
su - pgsql

■PostgreSQL のスーパーユーザの PATH と MANPATH と PGDATA を設定する
ホームディレクトリにある .bash_profile の最後に次の3行を追加する
vi .bash_profile

export PATH=$PATH:/usr/local/pgsql/bin
export MANPATH=$MANPATH:/usr/local/pgsql/man
export PGDATA=/usr/local/pgsql/data



■シェルに反映させる
. ~/.bash_profile

■readline が日本語を扱えるように設定する
vi .inputrc

set convert-meta off
set meta-flag on
set input-meta on
set output-meta on



■初期データベースを作成する
initdb

■データベース作成確認
下記のパスに何かできてたら多分大丈夫
ls -la /usr/local/pgsql/data

■TCP/IP ソケット経由のアクセス待ち受けを有効にする
vi /usr/local/pgsql/data/postgresql.conf

#tcpip_socket = false
tcpip_socket = on


※この設定をしないと、pg_connect("host=localhost dbname=MyDbName");のように、host に localhost を設定した場合に、エラーが発生する

■root に戻る
exit

■ログファイルを作成する
touch /var/log/postgresql.log
chown pgsql.pgsql /var/log/postgresql.log

■起動時スクリプトを作成
vi /etc/init.d/local

# /etc/init.d/local

echo -n "Starting PostgreSQL: "
su - pgsql -s /bin/sh -c "/usr/local/pgsql/bin/pg_ctl -D /usr/local/pgsql/data -l /var/log/postgresql.log start"
echo "done."



chmod 755 /etc/init.d/local

設定を反映させる
update-rc.d local defaults 98
#update-rc.d local remove # 削除コマンド

■ユーザの mail 転送設定をする
vi /etc/aliases

pgsql: user1
user2: user1



■DB再構築
postalias /etc/aliases

■ユーザの ftp のアクセス制限をする
ftp拒否ユーザを追加する
vi /etc/ftpusers

pgsql



ftp許可ユーザを追加する
vi /etc/vsftpd.chroot_list

user2



■PostgreSQL を起動する
サーバーを再起動させ、PostgreSQL を自動実行させる

■PostgreSQL の実行確認をする
su - pgsql
/usr/local/pgsql/bin/pg_ctl status
vi /var/log/postgresql.log
posted by   at 11:40| Comment(0) | TrackBack(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月09日

Debianインストール(メモ)

Debianをインストールした時のメモです。

■SSH1 ログイン設定
武藤氏作成のsargeインストールCDを利用しインストールするとSSH2がインストールされるため、SSH1でログインできるように変更する
Debian辞典のP256参照

■ルートにログイン
su -

■vim インストール
apt-get install vim
vi /etc/vim/vimrc

"set autoindent " always set autoindenting on
set noautoindent " always set autoindenting on



■シェルの日本語環境を設定
新規ユーザ作成時に有効になるよう設定
vi /etc/skel/bash.bashrc

[ -z "$PS1" ] && return
export LANG=ja_JP.EUC-JP



基本設定
vi /etc/bash.bashrc

[ -z "$PS1" ] && return
export LANG=ja_JP.EUC-JP



既に作成済みユーザの設定
vi /root/.bashrc
vi /home/user1/.bashrc

[ -z "$PS1" ] && return
export LANG=ja_JP.EUC-JP



bash 設定を読み込む
. /root/.bashrc

■APTリポジトリ接続先設定
ftp.jp.debian.orgの転送スピードが300〜700kb/sだったので、接続設定を変更する必要は特にないと判断
Debian辞典のP67,94,95参照

■ntpdate インストール
apt-get install ntpdate ntp-doc
vi /etc/default/ntpdate

#NTPSERVERS="pool.ntp.org"
NTPSERVERS="ntp1.******.co.jp"



/etc/init.d/ntpdate start

vi /etc/cron.daily/ntpdate

#!/bin/bash

/usr/sbin/ntpdate ntp1.******.co.jp > /var/log/ntpdate.log



chmod 755 /etc/cron.daily/ntpdate

date

■screen インストール
apt-get install screen
ユーザのhomeディレクトリに次のファイルを作成する
vi /root/.screenrc

# .screenrc

# init key set
escape ^O^O

# status
hardstatus on

# kanji
# kanji euc

# bind
bind t title

# vbell
vbell off

# head status
hardstatus alwayslastline "%{=b}%{bw} %{.w}%{.c}%Y-%m-%d %{.y}%0c %{-b}%{ck}%-Lw%{+b}%{gw} %n*%f %t%? (%u)%? %{-}%{-b}%+Lw %{=b}%{bw} %= %{.w}%H%{.c}[%l] "



screen
exit

■tmpreaper インストール
apt-get install tmpreaper
vi /etc/tmpreaper.conf

#SHOWWARNING=true
SHOWWARNING=false

# TMPREAPER_TIME=7d
TMPREAPER_TIME=1d



■xinetd インストール
apt-get install xinetd

■ftp インストール
apt-get install vsftpd
vi /etc/xinetd.d/vsftpd

service ftp
{
disable = no
#flags = NOLIBWRAP
socket_type = stream
protocol = tcp
wait = no
user = root
server = /usr/sbin/vsftpd
server_args = /etc/vsftpd.conf
#log_on_success += DURATION USERID
#log_on_failure += USERID
nice = 10
}



vi /etc/vsftpd.conf

NO にした場合、xinetd などのスーパーサーバからの起動を許可する
#listen=YES
listen=NO

YES にした場合ローカルユーザのログインを許可し、/etc/passwd にあるユーザアカウントを使う
#local_enable=YES
local_enable=YES

YES にした場合すべての FTP コマンドを許可する
#write_enable=YES
write_enable=YES

ローカルユーザが生成したファイルの umask 値
#local_umask=022
local_umask=022

YES にした場合アップロード時の ASCII モードでのデータ転送を許可する
#ascii_upload_enable=YES
ascii_upload_enable=YES

YES にした場合ダウンロード時の ASCII モードでのデータ転送を許可する
#ascii_download_enable=YES
ascii_download_enable=YES

YES にした場合ログイン後にホームディレクトリへと chroot() されるローカルユーザのリストを指定できる
#chroot_list_enable=YES
chroot_list_enable=YES

YES にした場合ホームディレクトリ内の choot() jail に入れられるローカルユーザのリストを示すファイル名を指定する
#chroot_list_file=/etc/vsftpd.chroot_list
chroot_list_file=/etc/vsftpd.chroot_list

YES にした場合"ls -R" の使用を許可するようになる
#ls_recurse_enable=YES
ls_recurse_enable=YES



ftp拒否ユーザを追加する
vi /etc/ftpusers

root


※設定済み

ftp許可ユーザを追加する
vi /etc/vsftpd.chroot_list

# vsftpd.chroot_list

user1



リスタート
/etc/init.d/xinetd restart

■postfix インストール
apt-get install postfix
設定の一般的なタイプはどれですか?
 → インターネットサイト

root へのメールをどこに送りますか?
 → user1

メール名は?
 → ******.co.jp

メールを受け取るほかの宛先はありますか?
 → ******.co.jp, localhost.localdomain, localhost

メールキューの同期更新を強制しますか?
 → いいえ

vi /etc/aliases

root: user1


※設定済み

DB再構築
postalias /etc/aliases

リロード
/etc/init.d/xinetd reload

vi /etc/postfix/main.cf

このメールシステムのインターネット上のホスト名を指定します
#myhostname = localhost.localdomain
myhostname = ******.co.jp

リレーするメールサーバを指定
#relayhost =
relayhost = mail.******.**.jp

信頼された SMTP クライアントのリストを指定します
#mynetworks = 127.0.0.0/8
#mynetworks = 127.0.0.0/8,192.168.***.0/24



リスタート
/etc/init.d/postfix restart

■qpopper をインストール
apt-get install qpopper
vi /etc/xinetd.d/popper

service pop-3
{
disable = no
socket_type =stream
wait = no
user = root
server = /usr/sbin/in.qpopper
server_args = -s
}



リスタート
/etc/init.d/xinetd restart

■Image::Magick インストール
apt-get install imagemagick

■DDNS 設定
vi /usr/local/bin/mydnsftp

#!/bin/bash

ftp -n WWW.MyDNS.JP << _EOD
user ****** ******
bye
_EOD




chmod 755 /usr/local/bin/mydnsftp

vi /etc/cron.hourly/mydnsftp

#!/bin/bash

/usr/local/bin/mydnsftp > /var/log/mydnsftp.log



chmod 755 /etc/cron.hourly/mydnsftp

■cron 設定
vi /etc/crontab

MAILTO=root



/etc/init.d/cron restart

■logwatch
apt-get install logwatch
posted by   at 11:26| Comment(0) | TrackBack(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。