2009年01月18日

クッキーがつかえないdocomo

携帯電話のWebページの開発の仕事をしていて最近気になっていたのが、

「mixiモバイルのURL情報からセッション情報がなくなった」

という部分だ。
確か、ちょっと前までmixiモバイルのURL情報にはセッション情報が付加されていて、そのURLを利用し簡単に他人でログインできた。
(気がする)
(仕様変更になったのかなー?)

そこで、どうやってログインしているか調べてみた。するとどうやらmixiモバイルはdocomoのiモードIDというのを利用しているみたいだ。(多分)
http://www.nttdocomo.co.jp/service/imode/make/content/ip/#imodeid

ということは、、、


ウホー!!
docomoのWebページのセッション情報を引き継ぐためのログイン情報をURLに付加させないでもよくなるかも!!


と思ったのですが、iモードIDの仕様をみてみると、

「SSL通信時は、iモードIDは付与できません。」

と記載されているではないか!
そっかー
mixiモバイルってSSL通信やってないんだったけなー
どうなんだっけなー

まあ、とりあえず、iモードIDが利用できないということがわかりました。


posted by   at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月14日

Apache での CGI 設定

開発で使う端末に bugzilla をインストールし実行しようとしたら CGI の実行権限がなく、せっかくインストールしたのに使うことが出来なかった。

ということで、久しぶりにサーバネットワークについて調べてみた。

どうやら Apache で CGI が実行できるようにする方法はいくつかあるらしい。
その中の二つを忘れないようにメモする。

■設定方法1(デフォルト)
ScriptAlias /cgi-bin/ "/usr/local/apache/cgi-bin/"
<Directory "/usr/local/apache/cgi-bin">
AllowOverride None
Options None
Order allow,deny
Allow from all
</Directory>
#AddHandler cgi-script .cgi


■設定方法2
#ScriptAlias /cgi-bin/ "/usr/local/apache/cgi-bin/"
Alias /cgi-bin/ "/usr/local/apache/cgi-bin/"

<Directory "/usr/local/apache/cgi-bin">
AllowOverride None
Options ExecCGI
Order allow,deny
Allow from all
</Directory>
AddHandler cgi-script .cgi
<Directory "実行したいディレクトリ">
Options ExecCGI
</Directory>


とりあえずこの設定にしたら複数のディレクトリにて CGI を実行することができた。ちなみに設定方法2だと /cgi-bin/ と /実行したいディレクトリ/ で CGI を実行できる。
posted by   at 01:41| Comment(0) | TrackBack(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月10日

画像編集ツール

ひまだったから、ちょっと前に作りかけにしていた画像編集ツールをフィックスしてみた。
http://www.tmttrms.com/tool/imagemagick/

機能は次の四つ

  画像のサイズを適当に小さくする
  画像のたて幅よこ幅を変更する
  画像に含まれる不要なデータを取り除く
  壊れた画像を修復する


なかなか使う機会はないかもしれないけど、ふとした時に役立ちそう。
「画像に含まれる不要なデータを取り除く」機能は単純明快でよいかな。
posted by   at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月12日

PHPインストール(メモ)

PHPインストール

■root にログイン
su -

■libpng インストール
参考URL
http://www.libpng.org/pub/png/libpng.html

cd /usr/software
wget ftp://ftp.simplesystems.org/pub/libpng/png/src/libpng-1.2.12-no-config.tar.gz
tar zxvf libpng-1.2.12-no-config.tar.gz
cd libpng-1.2.12
cp scripts/makefile.linux Makefile
vi Makefile

#ZLIBLIB=../zlib
#ZLIBINC=../zlib
ZLIBLIB=/usr/local/lib
ZLIBINC=/usr/local/include


make
make install

■jpeg インストール
mkdir /usr/local/man/man1
cd /usr/software
wget ftp://ftp.uu.net/graphics/jpeg/jpegsrc.v6b.tar.gz
tar zxvf jpegsrc.v6b.tar.gz
cd jpeg-6b
./configure --enable-shared
make
make install

■gd インストール
cd /usr/software
wget http://www.boutell.com/gd/http/gd-2.0.33.tar.gz
tar zxvf gd-2.0.33.tar.gz
cd gd-2.0.33
./configure
vi Makefile

#CFLAGS = -g -O2
CFLAGS=-O2 -DHAVE_LIBPNG -DHAVE_LIBJPEG -DHAVE_XPM -DHAVE_LIBTTF


make
make install

■php インストール
cd /usr/software
#wget http://jp2.php.net/get/php-4.3.10.tar.gz/from/a/
wget http://jp2.php.net/get/php-4.3.10.tar.gz/from/this/mirror
tar xzvf php-4.3.10.tar.gz
cd php-4.3.10
./configure --with-apxs=/usr/local/apache/bin/apxs --with-pgsql=/usr/local/pgsql --with-config-file-path=/usr/local/apache/conf/php --enable-mbstring --enable-mbstr-enc-trans --enable-mbregex
make
make install

■php.ini を作成する
mkdir /usr/local/apache/conf/php
cp php.ini-dist /usr/local/apache/conf/php/php.ini

■PHP ハンドラを追加する
vi /usr/local/apache/conf/httpd.conf

# AddType PHP
AddType "application/x-httpd-php; charset=EUC-JP" php
AddType "application/x-httpd-php-source; charset=EUC-JP" phps



■Apache 設定ファイルの構文チェック
/usr/local/apache/bin/apachectl configtest
「Syntax OK」と出たら成功

■Apache を再起動する
/usr/local/apache/bin/apachectl restart

■サーバを再起動する
reboot

■root にログイン
su -

■php 動作確認
vi /usr/local/apache/htdocs/test_php.php

<CTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01//EN"
"http://www.w3.org/TR/html4/strict.dtd">
<html lang="ja">
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=euc-jp">
<meta http-equiv="Content-Style-Type" content="text/css">
<title>PHP test</title>
</head>
<body>
<h1><? echo("Welcome PHP World!!");?></h1>
<p><? echo("PHP Version : ".phpversion()); ?></p>
</body>
</html>



w3m http://localhost/test_php.php

■postgresql 動作確認
vi /usr/local/apache/htdocs/test_pgsql.php

<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01//EN"
"http://www.w3.org/TR/html4/strict.dtd">
<html lang="ja">
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=euc-jp">
<meta http-equiv="Content-Style-Type" content="text/css">
<title>PHP with PostgreSQL test</title>
</head>
<body>
<h1><? echo("Welcome PHP + PostgreSQL World!!"); ?></h1>
<?
$rsc_con = pg_connect("host=localhost port=5432 dbname=template1".
" user=****** password=******");

if(!$rsc_con){
echo("I can not connect to DataBase.");
}
else{
$rsc_rst = pg_query($rsc_con, "SELECT VERSION();");
$ary_version = pg_fetch_array($rsc_rst);
if(!$rsc_rst){
echo("I can not execute SQL.");
}
else{
echo("<p>".$ary_version[0]."</p>\n");
}
}
?>
</body>
</html>



w3m http://localhost/test_pgsql.php


■まったく関係ない参考資料
PHP Debian GNU-Linux へのインストール - Manual

posted by   at 12:01| Comment(0) | TrackBack(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月11日

Apacheインストール(メモ)

Apacheをインストールしたときのメモ

■root にログイン
su -

■soft 格納ディレクトリにapache_1.3.33.tar.gzをdownloadする。
cd /usr/software
wget http://www.apache.org/dist/httpd/apache_1.3.36.tar.gz
tar zxvf apache_1.3.36.tar.gz
cd apache_1.3.36
./configure --enable-module=most --enable-shared=max --disable-module=auth_dbm
make
make install

■Linux サーバー起動時に apache が自動起動するようにする。
vi /etc/init.d/local

echo -n "Starting apache: "
/usr/local/apache/bin/apachectl start
echo "done."



設定してなかったら設定する
#update-rc.d local defaults 98
#update-rc.d local remove # 削除コマンド

■Apache を起動する。
サーバーを起動させ、Apache を自動実行させる。

■Apache の実行確認をする。
ps acux | grep httpd
posted by   at 11:57| Comment(0) | TrackBack(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月10日

PostgreSQLインストール(メモ)

PostgreSQLをインストールしたときのメモです。
バージョンが古いです。。。

■root にログイン
su -

■ダウンロードしたソースを格納するディレクトリを作成
mkdir /usr/software

■readline インストール
cd /usr/software
wget ftp://ftp.riken.go.jp/pub/GNU/gnu/readline/readline-4.2a.tar.gz
tar zxvf readline-4.2a.tar.gz
cd readline-4.2a
./configure --prefix=/usr
make
make install

■zlib インストール
cd /usr/software
wget http://www.zlib.net/zlib-1.2.3.tar.gz
tar zxvf zlib-1.2.3.tar.gz
cd zlib-1.2.3
./configure
make
make install

■ncurses インストール
cd /usr/software
wget http://ftp.gnu.org/pub/gnu/ncurses/ncurses-5.3.tar.gz
tar zxvf ncurses-5.3.tar.gz
cd ncurses-5.3
./configure
make
make install

■PostgreSQL インストール
cd /usr/software
wget ftp://ftp.jp.postgresql.org/source/OLD/v7.3.3/postgresql-7.3.3.tar.gz
tar xzvf postgresql-7.3.3.tar.gz
cd postgresql-7.3.3
環境変数 CFLAGS の設定(必須作業ではないがコンパイルサイズが大きくならないらしい)
export CFLAGS=-O2
./configure --enable-multibyte=EUC_JP --with-perl --enable-syslog
make
make install

■利用するスーパーユーザを作成する
pgsql という名のグループとユーザを作成
adduser pgsql

■data ディレクトリのオーナーを pgsql に変更する
mkdir /usr/local/pgsql/data
chown pgsql.pgsql /usr/local/pgsql/data

■利用するユーザを作成する
adduser user2

■user2にログイン
su - user2

■利用するユーザの PATH と MANPATH を設定する
ホームディレクトリにある .bash_profile の最後に次の2行を追加する
vi .bash_profile

export PATH=$PATH:/usr/local/pgsql/bin
export MANPATH=$MANPATH:/usr/local/pgsql/man



■シェルに反映させる
. ~/.bash_profile

■readline が日本語を扱えるように設定する
vi .inputrc

set convert-meta off
set meta-flag on
set input-meta on
set output-meta on



■root に戻る
exit

■pgsql にログイン
su - pgsql

■PostgreSQL のスーパーユーザの PATH と MANPATH と PGDATA を設定する
ホームディレクトリにある .bash_profile の最後に次の3行を追加する
vi .bash_profile

export PATH=$PATH:/usr/local/pgsql/bin
export MANPATH=$MANPATH:/usr/local/pgsql/man
export PGDATA=/usr/local/pgsql/data



■シェルに反映させる
. ~/.bash_profile

■readline が日本語を扱えるように設定する
vi .inputrc

set convert-meta off
set meta-flag on
set input-meta on
set output-meta on



■初期データベースを作成する
initdb

■データベース作成確認
下記のパスに何かできてたら多分大丈夫
ls -la /usr/local/pgsql/data

■TCP/IP ソケット経由のアクセス待ち受けを有効にする
vi /usr/local/pgsql/data/postgresql.conf

#tcpip_socket = false
tcpip_socket = on


※この設定をしないと、pg_connect("host=localhost dbname=MyDbName");のように、host に localhost を設定した場合に、エラーが発生する

■root に戻る
exit

■ログファイルを作成する
touch /var/log/postgresql.log
chown pgsql.pgsql /var/log/postgresql.log

■起動時スクリプトを作成
vi /etc/init.d/local

# /etc/init.d/local

echo -n "Starting PostgreSQL: "
su - pgsql -s /bin/sh -c "/usr/local/pgsql/bin/pg_ctl -D /usr/local/pgsql/data -l /var/log/postgresql.log start"
echo "done."



chmod 755 /etc/init.d/local

設定を反映させる
update-rc.d local defaults 98
#update-rc.d local remove # 削除コマンド

■ユーザの mail 転送設定をする
vi /etc/aliases

pgsql: user1
user2: user1



■DB再構築
postalias /etc/aliases

■ユーザの ftp のアクセス制限をする
ftp拒否ユーザを追加する
vi /etc/ftpusers

pgsql



ftp許可ユーザを追加する
vi /etc/vsftpd.chroot_list

user2



■PostgreSQL を起動する
サーバーを再起動させ、PostgreSQL を自動実行させる

■PostgreSQL の実行確認をする
su - pgsql
/usr/local/pgsql/bin/pg_ctl status
vi /var/log/postgresql.log
posted by   at 11:40| Comment(0) | TrackBack(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月09日

Debianインストール(メモ)

Debianをインストールした時のメモです。

■SSH1 ログイン設定
武藤氏作成のsargeインストールCDを利用しインストールするとSSH2がインストールされるため、SSH1でログインできるように変更する
Debian辞典のP256参照

■ルートにログイン
su -

■vim インストール
apt-get install vim
vi /etc/vim/vimrc

"set autoindent " always set autoindenting on
set noautoindent " always set autoindenting on



■シェルの日本語環境を設定
新規ユーザ作成時に有効になるよう設定
vi /etc/skel/bash.bashrc

[ -z "$PS1" ] && return
export LANG=ja_JP.EUC-JP



基本設定
vi /etc/bash.bashrc

[ -z "$PS1" ] && return
export LANG=ja_JP.EUC-JP



既に作成済みユーザの設定
vi /root/.bashrc
vi /home/user1/.bashrc

[ -z "$PS1" ] && return
export LANG=ja_JP.EUC-JP



bash 設定を読み込む
. /root/.bashrc

■APTリポジトリ接続先設定
ftp.jp.debian.orgの転送スピードが300〜700kb/sだったので、接続設定を変更する必要は特にないと判断
Debian辞典のP67,94,95参照

■ntpdate インストール
apt-get install ntpdate ntp-doc
vi /etc/default/ntpdate

#NTPSERVERS="pool.ntp.org"
NTPSERVERS="ntp1.******.co.jp"



/etc/init.d/ntpdate start

vi /etc/cron.daily/ntpdate

#!/bin/bash

/usr/sbin/ntpdate ntp1.******.co.jp > /var/log/ntpdate.log



chmod 755 /etc/cron.daily/ntpdate

date

■screen インストール
apt-get install screen
ユーザのhomeディレクトリに次のファイルを作成する
vi /root/.screenrc

# .screenrc

# init key set
escape ^O^O

# status
hardstatus on

# kanji
# kanji euc

# bind
bind t title

# vbell
vbell off

# head status
hardstatus alwayslastline "%{=b}%{bw} %{.w}%{.c}%Y-%m-%d %{.y}%0c %{-b}%{ck}%-Lw%{+b}%{gw} %n*%f %t%? (%u)%? %{-}%{-b}%+Lw %{=b}%{bw} %= %{.w}%H%{.c}[%l] "



screen
exit

■tmpreaper インストール
apt-get install tmpreaper
vi /etc/tmpreaper.conf

#SHOWWARNING=true
SHOWWARNING=false

# TMPREAPER_TIME=7d
TMPREAPER_TIME=1d



■xinetd インストール
apt-get install xinetd

■ftp インストール
apt-get install vsftpd
vi /etc/xinetd.d/vsftpd

service ftp
{
disable = no
#flags = NOLIBWRAP
socket_type = stream
protocol = tcp
wait = no
user = root
server = /usr/sbin/vsftpd
server_args = /etc/vsftpd.conf
#log_on_success += DURATION USERID
#log_on_failure += USERID
nice = 10
}



vi /etc/vsftpd.conf

NO にした場合、xinetd などのスーパーサーバからの起動を許可する
#listen=YES
listen=NO

YES にした場合ローカルユーザのログインを許可し、/etc/passwd にあるユーザアカウントを使う
#local_enable=YES
local_enable=YES

YES にした場合すべての FTP コマンドを許可する
#write_enable=YES
write_enable=YES

ローカルユーザが生成したファイルの umask 値
#local_umask=022
local_umask=022

YES にした場合アップロード時の ASCII モードでのデータ転送を許可する
#ascii_upload_enable=YES
ascii_upload_enable=YES

YES にした場合ダウンロード時の ASCII モードでのデータ転送を許可する
#ascii_download_enable=YES
ascii_download_enable=YES

YES にした場合ログイン後にホームディレクトリへと chroot() されるローカルユーザのリストを指定できる
#chroot_list_enable=YES
chroot_list_enable=YES

YES にした場合ホームディレクトリ内の choot() jail に入れられるローカルユーザのリストを示すファイル名を指定する
#chroot_list_file=/etc/vsftpd.chroot_list
chroot_list_file=/etc/vsftpd.chroot_list

YES にした場合"ls -R" の使用を許可するようになる
#ls_recurse_enable=YES
ls_recurse_enable=YES



ftp拒否ユーザを追加する
vi /etc/ftpusers

root


※設定済み

ftp許可ユーザを追加する
vi /etc/vsftpd.chroot_list

# vsftpd.chroot_list

user1



リスタート
/etc/init.d/xinetd restart

■postfix インストール
apt-get install postfix
設定の一般的なタイプはどれですか?
 → インターネットサイト

root へのメールをどこに送りますか?
 → user1

メール名は?
 → ******.co.jp

メールを受け取るほかの宛先はありますか?
 → ******.co.jp, localhost.localdomain, localhost

メールキューの同期更新を強制しますか?
 → いいえ

vi /etc/aliases

root: user1


※設定済み

DB再構築
postalias /etc/aliases

リロード
/etc/init.d/xinetd reload

vi /etc/postfix/main.cf

このメールシステムのインターネット上のホスト名を指定します
#myhostname = localhost.localdomain
myhostname = ******.co.jp

リレーするメールサーバを指定
#relayhost =
relayhost = mail.******.**.jp

信頼された SMTP クライアントのリストを指定します
#mynetworks = 127.0.0.0/8
#mynetworks = 127.0.0.0/8,192.168.***.0/24



リスタート
/etc/init.d/postfix restart

■qpopper をインストール
apt-get install qpopper
vi /etc/xinetd.d/popper

service pop-3
{
disable = no
socket_type =stream
wait = no
user = root
server = /usr/sbin/in.qpopper
server_args = -s
}



リスタート
/etc/init.d/xinetd restart

■Image::Magick インストール
apt-get install imagemagick

■DDNS 設定
vi /usr/local/bin/mydnsftp

#!/bin/bash

ftp -n WWW.MyDNS.JP << _EOD
user ****** ******
bye
_EOD




chmod 755 /usr/local/bin/mydnsftp

vi /etc/cron.hourly/mydnsftp

#!/bin/bash

/usr/local/bin/mydnsftp > /var/log/mydnsftp.log



chmod 755 /etc/cron.hourly/mydnsftp

■cron 設定
vi /etc/crontab

MAILTO=root



/etc/init.d/cron restart

■logwatch
apt-get install logwatch
posted by   at 11:26| Comment(0) | TrackBack(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月25日

文字コード(utf-8)の jvim の問題

Debian etch の内部エンコードは utf-8 らしい。

Debian etch にてサーバーを構築するが、今回は、
euc-jp を捨てて、utf-8 の世界に飛び込もうと思っている。

使用するターミナルも、送信される文字コードが utf-8 というのを
考慮し、長年使っていた Tera Term Pro から Putty に乗りかえる事にした。

そして、エディタもjvimを使うことにしたが、これが間違いのもとだった、、、

jvim で漢字を含むファイルを開くともれなく文字化けしている。
何とか、utf-8 を表示しようと、文字関係の環境設定を色々試みるが、
なかなか、うまく表示できない。

そして、ふと、Putty の 受信データ文字コードを
utf-8 から euc に変えてみると、、、
あれれ?!
文字化けしてないぞ?
どういうことだ?
もしかして、jvim は漢字コードを自動でeucに変換し表示している???

試しに vim をインストールしてみると、
なんと、私が想定していた環境設定で、正しく文字が表示されるではないか!

どうやら問題は jvim にあったようです。
ということで、jvim はもう使いません。

先にマニュアルを読むべきでした・・・
ラベル:utf-8
posted by   at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月17日

SSH2

コンピュータはなかなか言うこと聞いてくれない。

必要性は無かったが Debian etch のパッケージでデフォルトで設定されるのが SSH2 だったのでこれを使えるようにした。

クライアントで作るべき秘密鍵と公開鍵をサーバー側で作成し、その作成した公開カギをサーバではなくクライアントにコピーしていたので、まったく動作せず、クライアントとサーバーのSSHのバージョンや sshd_config ファイルの設定値、TTSSH や Putty で試したりとすごく時間がかかってしまった。サーバーをこの SSH2 にする必要はなかったので、すぐ諦めればよかったのだが、ムキになって頑張ってしまった。おかげさまで公開鍵認証が少し勉強できた。


実際にやる作業はとても簡単。ものの1分で終わる。


クライアント:ログイン元
サーバー  :ログイン先

クライアントにて次のコマンドを実行し公開鍵と秘密鍵を作成する。
ssh-keygen -t rsa

ホーム配下に次のファイルが作成される
~/.ssh/id_rsa
~/.ssh/id_rsa.pub

id_rsa.pub の内容をサーバーの ~/.ssh/authorized_keys に追記する。

セキュリティ的に良くないらしいが FTP にてクライアントからサーバーにid_rsa.pub をダウンロードし、パーミッション700にて~/.sshディレクトリを、600にて~/.ssh/authorized_keysをそれぞれ作成。そして、
cat id_rsa.pub >> ~/.ssh/authorized_keys にて追記を行った。


以上だ。



/etc/ssh/sshd_config の内容は次のようにした
Protocol 2
PermitRootLogin no
HostbasedAuthentication no
PasswordAuthentication no



参考にしたサイト
posted by   at 18:03| Comment(2) | TrackBack(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月16日

jfbterm

debian etch 設定メモ

フォーマット:xfs
ブートローダー:LILO

/etc/modules ファイルに次の2行を追加
vga16fb
fbcon


/etc/lilo.conf ファイルを編集する
# vga=xxx
append="resume2=swap:/dev/sda5 video=vga16fb"


コンソールにて次のコマンドを実行
$ jfbterm -q
(*-qは結果を出さないという意味)


骨が折れた。
ブートパーティションをextで作ってGRUBにすれば良かったよ・・・

参考サイト
posted by   at 18:33| Comment(2) | TrackBack(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Debian etch(エッチ)

先日購入したサーバに Debian etch をインストールした。

本当は安定版の Debian sarge をインストールしたかったが、購入したサーバのハードディスク構成が SATAとなっており、Debian本家サイトのインストールイメージのカーネル2.6.8?ではSATAに対応していないようだ。

カーネル2.6.16以降だと、どうやらSATA対応しているらしいので、そういうインストールイメージがないか探して、何度かインストールを試みるがまともにインストールできない。

んで、次期バージョンの etch を試したところインストールできた。


パーティーション設定をXFSにしたらGRUBよりLILOの方が良いとインストーラが自動認識してきたので、仕方なくLILOをインストールした。


ちなみに、、、このサーバ(SC430)は半年前に送料込み21,000円で販売されていたらしい。俺のは送料込みで32,000円だった。ちょっとショック。


その他の選択肢のubuntu(うぶんとぅ)やfedora core(フェドーラコア)も時間があったら、試してみる予定だ。
posted by   at 12:25| Comment(0) | TrackBack(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月06日

ツールのぺえじサーバ

3日前にツールのぺえじサーバに
障害管理システムの「bagzilla」を導入しようていた時に、
特にする必要はなかったが、
「たまには再起動してやらないとな」
と思ってサーバーを再起動したら・・・

サーバが再び起動しなくなったしまった。

どうやら、ディスクがいかれたらしい。
ポンコツマシンを切り張りして、修理してもよかったが、
新しいマシンを購入することにした。
とりあえず、新しいマシンがくるまで放っておこうと思ったが、
このサーバ、結構いろいろ使って、ないと困ることが判明。

とりあえず、ジャンクに近いHDDを利用し、
サーバーを復活させた。

あーーーーつかれた首いてーーーー。

腹減った。
posted by   at 00:52| Comment(2) | TrackBack(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月06日

故障しまくり(だった)

先月の最初の週、モノが壊れまくった。

ドライヤーが壊れた。
  電源コードが解けてゴムくさくなり、動かなくなった。
  髪の毛が濡れたままで外出した。

電話が壊れた。
  着信しても出ることができず、かけることも出来なかった。

携帯電話が壊れた。
  白画面になった。
  電話やメールが着信しているようだがまったくわからなかった。
  誕生日に壊れた。

CDRWが壊れた
  携帯が壊れていた間の着信をチェックするため、携帯電話ソフトをPCにインストールしようとした。
  CDRWが壊れていてインストールできなかった。

メイン銀行のキャッシュカードが割れた
  お金がおろせなくなった。

小物をぶら下げるバーの磁石がはずれた。
  朝起きたら小物が散乱していた。


そして今日、会社のPCのCDROMドライブが壊れた。
  PCを再起動した。
posted by   at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月16日

ツールのぺえじ

俺が作ったツールのぺえじはすごく重い。

PCのスペック低いからなあ・・・
model name : AMD-K6(tm) 3D processor
cpu MHz : 266.034MHz
Mem : 64K

すばらしすぎるw
何人同時アクセスできるんだろう?
posted by   at 23:39| Comment(4) | TrackBack(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。