2007年01月22日

となり町戦争/三崎亜記


となり町戦争/三崎亜記


■|書籍紹介
ある日、突然にとなり町との戦争がはじまった。だが、銃声も聞こえず、目に見える流血もなく、人々は平穏な日常を送っていた。それでも、町の広報紙に発表される戦死者数は静かに増え続ける。そんな戦争に現実感を抱けずにいた「僕」に、町役場から一通の任命書が届いた…。見えない戦争を描き、第17回小説すばる新人賞を受賞した傑作。文庫版だけの特別書き下ろしサイドストーリーを収録。

■|感想
最近は、はずれ本ばっかりだったが、久しぶりにまあまあ読める文庫本に遭遇した。物語の出だしは、「いったい、どんな戦争なんだろう?」と期待をもたせるが、読み進めるにつれ、淡々と、至極一般的な論理が展開され、どんどん、面白みが失せてきた。
最後までこの調子かなと思っていたら、書き下ろしのサイドストーリで、意外と楽しませてくれた。


posted by   at 00:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 文庫本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。