2006年10月18日

異邦人/アルベール・カミュ


異邦人/アルベール・カミュ


■|作品紹介(ネタバレ)
母の死の翌日海水浴に行き、女と関係を結び、映画を見て笑いころげ、友人の女出入りに関係して人を殺害し、動機について「太陽のせい」と答える。裁判は死刑であったが、自分は幸福であると確信し、処刑の日に大勢の見物人が憎悪の叫びをあげて迎えてくれることだけを望む。通常の倫理的な一貫性が失われている男ムルソーを主人公に、不条理の認識を極度に追及したカミュの代表作。

■|感想
薄っぺらい本だったので、すぐ読み終わるだろうと思っていたが、読破するのに予想以上に時間がかかった。作品紹介を読み終えた後に見てみると、作品の紹介ではなく、作品のあらすじ全てを表現しているではないか。作品紹介を読まなくてよかった。


posted by   at 15:58| Comment(0) | TrackBack(1) | 文庫本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

異邦人/アルベール・カミュ
Excerpt: 異邦人/アルベール・カミュ 不条理といえばカフカの「変身」と並び賞されるのがこの作品のようです。 しかし、改めて読んでみるとどこが「不条理」なのか良くわかりません。
Weblog: 仮想本棚&電脳日記
Tracked: 2006-11-14 22:57
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。