2006年08月06日

出口のない海/横山秀夫


出口のない海/横山秀夫


この時期こういう戦争ものが店頭に並ぶ。
そして、その流れに乗せられて購入してしまった。


魚雷を操縦し敵に体当たりし自爆する「神潮特別攻撃隊」
その魚雷は、人間魚雷「回天」と呼ばれていた。
死を約束された若者のお話。


戦争の悲惨さなどが主張される作品ではなく、
死をどう受け止めるかを考える作品だった。

まあまあかな。
特にオススメでもないが、読んでもいいんじゃないかな。


posted by   at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 文庫本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。