2006年07月30日

ツナトマトソースパスタ

トマトソースパスタを作った。

060730_210730_M.jpg
ツナトマトソースパスタ


■レシピ
パスタ100g
ツナ80g
カットトマト120g
ピーマン一個
鷹の爪半分
ニンニク1片
ハム2枚
オリーブオイル30g
粉チーズ少々
塩コショウ少々

実はあまり美味しくなかった。
玉ねぎが無かったので入れなかったし、
ツナが多すぎた。
あと、コショウはいらないかも。



posted by   at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月29日

カルボナーラ

久しぶりに作った。

060729_170757_M.jpg
カルボナーラ


写真うつりが悪くて、あんまり美味しそうじゃないな〜
posted by   at 20:07| Comment(3) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月25日

文字コード(utf-8)の jvim の問題

Debian etch の内部エンコードは utf-8 らしい。

Debian etch にてサーバーを構築するが、今回は、
euc-jp を捨てて、utf-8 の世界に飛び込もうと思っている。

使用するターミナルも、送信される文字コードが utf-8 というのを
考慮し、長年使っていた Tera Term Pro から Putty に乗りかえる事にした。

そして、エディタもjvimを使うことにしたが、これが間違いのもとだった、、、

jvim で漢字を含むファイルを開くともれなく文字化けしている。
何とか、utf-8 を表示しようと、文字関係の環境設定を色々試みるが、
なかなか、うまく表示できない。

そして、ふと、Putty の 受信データ文字コードを
utf-8 から euc に変えてみると、、、
あれれ?!
文字化けしてないぞ?
どういうことだ?
もしかして、jvim は漢字コードを自動でeucに変換し表示している???

試しに vim をインストールしてみると、
なんと、私が想定していた環境設定で、正しく文字が表示されるではないか!

どうやら問題は jvim にあったようです。
ということで、jvim はもう使いません。

先にマニュアルを読むべきでした・・・
ラベル:utf-8
posted by   at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月23日

世界の中心で、愛をさけぶ/片山恭一

本屋の店頭に山積みになっていたので購入してみました。

この作品は、ドラマ化、映画化されているようですが、
私がみたのはドラマの最初の1、2話目?だけでした。

さすがに、大ベストセラーだけあって、
読み始めてすぐその世界に引き寄せられ、
いつもは電車の中でしか文庫本を読まないのですが、
夜、自宅で読んでしまいました。

映画版やドラマ版も見てみたいと思いましたが、
小説にはかなわないだろうな〜

まあ、内容に関しては、特に言うまでもありませんね。
ただ、タイトルと内容がどう関係しているのかが
わかりませんでした。


世界の中心で、愛をさけぶ/片山恭一
posted by   at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 文庫本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月22日

11分間/パウロ・コエーリョ

カーバーイラスト(平尾香)に惹かれて、
文庫本をジャケット買いしました。

読み進めていくうちに気付いたのですが、
どうやら、売春婦の物語のようです。
もちろん海外の。

そして後半部分は単なる官能小説と化していました。
そして、最後はナナメ読みしちゃいました。


11分間/パウロ・コエーリョ

ネタバレ
ラベル:文庫本
posted by   at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 文庫本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月21日

SEのフシギな職場/きたみりゅうじ

一言で言うと、だから何?という作品だったかな。
ほんっとに、日常的なことを、ただツラツラ書き連ねているだけで、
教訓部分も単なる一般常識の範疇。

こんな本書いて印税もらっているなんて、、、
それもこれも、この本を買った俺やその他複数の人たちのおかげ。

まあ、四コマ漫画の打ち合わせが大変だったんだろうなーとか、
一冊の本にまとめる作文力は、それなりに認めてますが。

結局つまらなすぎて、最後の方はパラパラ読みしちゃいました。
ラベル:文庫本
posted by   at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 文庫本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月17日

SSH2

コンピュータはなかなか言うこと聞いてくれない。

必要性は無かったが Debian etch のパッケージでデフォルトで設定されるのが SSH2 だったのでこれを使えるようにした。

クライアントで作るべき秘密鍵と公開鍵をサーバー側で作成し、その作成した公開カギをサーバではなくクライアントにコピーしていたので、まったく動作せず、クライアントとサーバーのSSHのバージョンや sshd_config ファイルの設定値、TTSSH や Putty で試したりとすごく時間がかかってしまった。サーバーをこの SSH2 にする必要はなかったので、すぐ諦めればよかったのだが、ムキになって頑張ってしまった。おかげさまで公開鍵認証が少し勉強できた。


実際にやる作業はとても簡単。ものの1分で終わる。


クライアント:ログイン元
サーバー  :ログイン先

クライアントにて次のコマンドを実行し公開鍵と秘密鍵を作成する。
ssh-keygen -t rsa

ホーム配下に次のファイルが作成される
~/.ssh/id_rsa
~/.ssh/id_rsa.pub

id_rsa.pub の内容をサーバーの ~/.ssh/authorized_keys に追記する。

セキュリティ的に良くないらしいが FTP にてクライアントからサーバーにid_rsa.pub をダウンロードし、パーミッション700にて~/.sshディレクトリを、600にて~/.ssh/authorized_keysをそれぞれ作成。そして、
cat id_rsa.pub >> ~/.ssh/authorized_keys にて追記を行った。


以上だ。



/etc/ssh/sshd_config の内容は次のようにした
Protocol 2
PermitRootLogin no
HostbasedAuthentication no
PasswordAuthentication no



参考にしたサイト
posted by   at 18:03| Comment(2) | TrackBack(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月16日

jfbterm

debian etch 設定メモ

フォーマット:xfs
ブートローダー:LILO

/etc/modules ファイルに次の2行を追加
vga16fb
fbcon


/etc/lilo.conf ファイルを編集する
# vga=xxx
append="resume2=swap:/dev/sda5 video=vga16fb"


コンソールにて次のコマンドを実行
$ jfbterm -q
(*-qは結果を出さないという意味)


骨が折れた。
ブートパーティションをextで作ってGRUBにすれば良かったよ・・・

参考サイト
posted by   at 18:33| Comment(2) | TrackBack(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Debian etch(エッチ)

先日購入したサーバに Debian etch をインストールした。

本当は安定版の Debian sarge をインストールしたかったが、購入したサーバのハードディスク構成が SATAとなっており、Debian本家サイトのインストールイメージのカーネル2.6.8?ではSATAに対応していないようだ。

カーネル2.6.16以降だと、どうやらSATA対応しているらしいので、そういうインストールイメージがないか探して、何度かインストールを試みるがまともにインストールできない。

んで、次期バージョンの etch を試したところインストールできた。


パーティーション設定をXFSにしたらGRUBよりLILOの方が良いとインストーラが自動認識してきたので、仕方なくLILOをインストールした。


ちなみに、、、このサーバ(SC430)は半年前に送料込み21,000円で販売されていたらしい。俺のは送料込みで32,000円だった。ちょっとショック。


その他の選択肢のubuntu(うぶんとぅ)やfedora core(フェドーラコア)も時間があったら、試してみる予定だ。
posted by   at 12:25| Comment(0) | TrackBack(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月06日

ツールのぺえじサーバ

3日前にツールのぺえじサーバに
障害管理システムの「bagzilla」を導入しようていた時に、
特にする必要はなかったが、
「たまには再起動してやらないとな」
と思ってサーバーを再起動したら・・・

サーバが再び起動しなくなったしまった。

どうやら、ディスクがいかれたらしい。
ポンコツマシンを切り張りして、修理してもよかったが、
新しいマシンを購入することにした。
とりあえず、新しいマシンがくるまで放っておこうと思ったが、
このサーバ、結構いろいろ使って、ないと困ることが判明。

とりあえず、ジャンクに近いHDDを利用し、
サーバーを復活させた。

あーーーーつかれた首いてーーーー。

腹減った。
posted by   at 00:52| Comment(2) | TrackBack(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月01日

バッテリーX/あさのあつこ

なにか面白そうな本がないかな?と思って本屋に行ったら
入り口に、バッテリーX/あさのあつこが置いてあった。

この本は少年野球小説のシリーズ物で今までに4冊出ていて
今回のこの本は第5段ということになる。
一応前4作品は全て読んでいたので「あ、続き読まなきゃ!」という
義務感でサクッと購入した。

内容はというと、、、大人が考えた子供像。みたいな。。。
この本のジャンルは児童書となっているが、子供より、
子供を持つ親に読んでもらいたい本だ。
第1作目は、オススメできたがこの5作目はちょっと
人にオススメできないかな。


バッテリーX/あさのあつこ


次の完結編に期待
posted by   at 14:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 文庫本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。